シャノアス社会保険労務士法人


03-6304-8851 受付時間:9時-18時(土日祝日定休)



ホーム>お役立ち情報>社員の副業、アルバイトを認める場合の留意点

お役立ち情報

社員の副業、アルバイトを認める場合の留意点

«一覧に戻る

不況による影響

金融危機に端を発する昨年来の不況により、各企業における「派遣社員の解雇」、「有期契約労働者の雇止め」、「一時帰休」、「希望退職・早期退職」、「退職勧奨」「整理解雇」の実施などが数多く報じられています。また、「給与カット」「賞与カット」などを実施するところもあり、これらは社員の生活に関わるため、大きな問題となっています。

給与カット・賞与カットによる社員の収入減に対応する施策の1つとして、従来は認めていなかった「副業」や「アルバイト」を容認する企業が増えているようです。社員に副業・アルバイトを認めることにより、減った分の給与を補填してもらうのが狙いです。

会社にとっての選択肢

これまで社員に副業・アルバイトを認めていなかった(いわゆる「兼業禁止規定」を置いていた)会社がこれらを認める場合の選択肢としては、以下の3つが考えられます。

  1. 「会社による許可制」として認める。
  2. 「会社への届出制」として認める。
  3. 「完全解禁」として認める。

上記のいずれを選択するにしても、会社の就業規則や社内規定を整備し、社員の副業・アルバイトを認める場合の基準をはっきりと社員に示しておかなければなりません。
また、副業・アルバイトを認める場合でも、期限を決めて認めるのか、今後はずっと認めるのかを決めておくべきです。

認める場合の留意点

副業・アルバイトを認めるとしても、注意しなければならない点がいくつかあります。

1つは、「自社の業務と競合するような会社での副業・アルバイトは禁止する」ということが考えられます。
自社の社員を競合会社で働かせることにより、自社の営業秘密やノウハウなどが他社に漏れる可能性があるからです。

もう1つは、「疲労やストレスなどを溜めさせない」ということです。
副業・アルバイトを認めてトータルの労働時間が長くなることによって、社員に疲労・ストレスが溜まり、それにより自社での仕事がおろそかになってしまっては、本末転倒です。

これらのリスク等も十分に検討したうえで、会社の方針を決定しましょう。

«一覧に戻る

ページの先頭へ

お問い合せはこちらから お問い合せはこちらから
プライバシーマーク

弊社はプライバシーマークを認証取得しております。

SRP認証

弊社は社会保険労務士個人情報保護事務所認証(SRP認証)を取得しております。



解雇、整理解雇(リストラ)をはじめとする労働法務に関するご相談、人事制度・賃金制度設計、就業規則、助成金、労働・社会保険や
給与計算等の手続き代行、是正勧告・役所調査対応は社会保険労務士にお任せ下さい。

最終更新日:

Copyright ©  SHANOAS CERTIFIED SOCIAL INSURANCE AND LABOR CONSULTANT OFFICE All Rights Reserved.