シャノアス社会保険労務士法人


03-6304-8851 受付時間:9時-18時(土日祝日定休)



ホーム>お役立ち情報>給与計算のルール9 「割増賃金の計算の基礎から除外できる住宅手当」

お役立ち情報

給与計算のルール9 「割増賃金の計算の基礎から除外できる住宅手当」

«一覧に戻る

給与計算に必要なルールとは?

給与計算は、労働基準法/健康保険法/厚生年金保険法/雇用保険法…他、多くの労働社会保険関連法令を理解した上で行わなければ、正確な計算を行うことができません。

しかしながら、よく利用される知識と普段あまり利用されない知識とがあるように、給与計算を行う上でも、最低限必要となるいわば「核」となる知識があるものです。これから何回かに分けてこの基礎知識について確認していきます。

第9回の今回は、「割増賃金の計算の基礎から除外できる住宅手当」についてです。

1. 基礎から除外できる「住宅手当の範囲の考え方」

「住宅手当」という名称の手当であれば、すべて除外することができるというわけではありません。これまでも、家族手当や通勤手当については、それぞれ扶養家族数や通勤に要する費用、通勤距離に応じて支給される手当のみが除外することができたわけですが、住宅手当についてもこれと同様です。具体的には、次の通りです。

2. 基礎から除外できる「住宅手当の具体例」

上述の「住宅手当の範囲の考え方」に関して具体例を示せば、次の通りとなります。

除外できる住宅手当に当たる例

  1. 住宅に要する費用に定率を乗じた額を支給することとされているもの。例えば、賃貸住宅居住者には家賃の一定割合、持家居住者には口一ン月額の一定割合を支給することとされているもの。
  2. 住宅に要する費用を段階的に区分し、費用が増えるにしたがって額を多くして支給することとされているもの。例えば、家賃月額5〜10万円の者には2万円、家賃月額10万円を超える者には3万円を支給することとされているようなもの。

除外できる住宅手当に当たらない例

  1. 住宅の形態ごとに一律に定額で支給することとされているもの。例えば賃貸住宅居住者には2万円、持家居住者には1万円を支給することとされているようなもの。
  2. 住宅以外の要素に応じて定率又は定額で支給することとされているもの。例えば、扶養家族がある者には2万円、扶養家族がない者には1万円を支給することとされているようなもの。
  3. 全員に一律に定額で支給することとされているもの。
お問い合せ

» お見積り、給与計算代行依頼はこちら
メールフォームに、「業種」、「従業員数」、「給与の締め日、支払日」などの情報を記載いただけるとスムーズです。

«一覧に戻る

ページの先頭へ

お問い合せはこちらから お問い合せはこちらから
プライバシーマーク

弊社はプライバシーマークを認証取得しております。

SRP認証

弊社は社会保険労務士個人情報保護事務所認証(SRP認証)を取得しております。



解雇、整理解雇(リストラ)をはじめとする労働法務に関するご相談、人事制度・賃金制度設計、就業規則、助成金、労働・社会保険や
給与計算等の手続き代行、是正勧告・役所調査対応は社会保険労務士にお任せ下さい。

最終更新日:

Copyright ©  SHANOAS CERTIFIED SOCIAL INSURANCE AND LABOR CONSULTANT OFFICE All Rights Reserved.